CENTRAL FOODS 社長ブログ 株式会社セントラルフーズ ホームページへ

2011年02月23日

生産者の松崎さん

オーガニックワインを提供しているプレブナンのownerである山本さんに紹介して頂いた松崎さんです。

話の6割が冗談話で残りの4割は有機野菜のことです。この時期はちょうど葉物の収穫が終わり、これから種や苗を植え始める時期だそうです。

飲食業を辞められて野菜作りはじめて2年目を迎えられるそうですが、まだまだ生計を立てていくには大変だと言われていましたが、良いものを作りたいと話す目は輝いていました。

だから、食材は料理を作る僕らにとっては最も大切な要素です。

IMG066.JPG



2011年02月14日

有機野菜

今、本社で新商品の開発をしています。岡山県にある高梁の奥地まで有機野菜を仕入れにいってきました。小松菜は生でもとても美味かった。しかし食べ過ぎて腹の調子が…

本社から車で往復4時間、岡山はとても広いと感じました。
3月から販売予定の”ぽん太さん家の晩ご飯”を中心で作ってくれる藤原くんと小松菜です。

IMG_1193.jpg



2010年10月13日

社内研修会

8月21日に、社内研修会
「幸せをつくる 心理学セミナー」を行いました。


セミナーでは、
@ 社風を改善し、チームワークを強化
A 仕事に楽しく取り組む
B 明るく前向きに生きる
C リーダーシップを向上させる
D 目標設定能力を高める
E 計画的な日常生活を送る
という内容についてのお話でした。


社内研修会の写真です。

セントラルフーズ 心理学セミナー 講師の写真
今回の講師です。
10年前からいつか講師として迎えたかった人です。


セントラルフーズ スタッフの勉強風景

セントラルフーズ スタッフの勉強風景
職場の活性化のために、約70名のスタッフが、
休みを返上して勉強にきてくれました。
こんな人間がいるから、我が社が成長できると確信しました。


セントラルフーズ セントラルフーズ代表、秋山の写真
このブログを書いております秋山です。
人生は一度きりの晴れ舞台、男は俳優・女は女優を務め、
“より良く生きる”をテーマに高い志をもって楽しもう!
と皆の前でコメントをしました。




2010年02月09日

理事会

ある日、我が社のFさんからのブログ更新がされていないと
ご指摘を頂いたので

頑張ってやろうと思う今日この頃です。Fさん、ありがとう!

昨日は岡山経営研究会の理事会がありました。
準備委員会を含め5時間近くかかりました。

何でもいえることですが、1つのものを作り上げるには、
沢山の時間と人間の労力が必要です。

中途半端な人は仕事も中途半端、自分の力以上に挑戦している人は、
日々進化しています。

2日前にマイケルジャクソンのTHIS IS IT!を買いました。
ロンドン公演前のリハーサル風景です。

20110209.jpg

彼は51歳の若さで亡くなりましたが、
本番に向かう姿勢は”さすが”です。

マイケルのようにはなれませんが、私も人を感動させる人間に
なりたいです。



2009年12月19日

ぽん太さん家のおせち

12月に入りました。いよいよ2010年を迎えようとしています。

今日の朝、会社の玄関の窓ふきをしているといつもより寒いと
感じていましたが、なんと外は0度でした。通りで・・・

今日は市役所食堂のスタッフとの忘年会です。

正直、接待よりも同じ釜の飯を食べているメンバーと
飲む酒が一番美味い!

ファイルをダウンロード



2009年12月03日

前川製作所

先日茨城県守谷市の前川製作所さんにお邪魔させていただきました。

とても従業員さんの応対もよくて岡山から5時間ぐらいかかりましたが、

今後の仕事に関連していく分野だったのでいい時間が過ごせました。
11gatu%20004.JPG
このゾウみたいなもの何か分かりますか?
連続式の瞬間冷凍機です。ベトナム行きの機械を沢山製作していました。



2009年11月25日

旭川の源泉

皆さん、ご存知でしょうか?

岡山県には300以上の滝があるのです。
滝マニアから聞きました。

いつもコンビニや自動販売機で水を買って飲んでいますが、
もしかすると遠い国から運ばれるものより日本の水のほうが美味い!と思うのは僕だけ?
11gatu%20017.JPG
無知は人生に壁をつくると言われます、知っていることより知らないことがはるかに多い・・・
だからいつまでも学ぶ素直な自分でいたい!



2009年10月17日

かつ丼弁当

前回、給食に牛丼弁当を出して好評だったので、10月16日にかつ丼弁当をお客様感謝デーということで行いました。

実は提供日時が近づいているにもかかわらず、包装や味付け、配送形態、調理工程など完璧には出来ていませんでした。

私はスタッフに”もし出来ないのなら、お客様に迷惑がかかる、もう止めよう”と。しかし、そこから現場での互いの助け合いから見事当日までに完成させました。さすが、我がスタッフです。

人に喜んで頂くことは、努力の先にしか見えてきませんね。私が成功したと思った瞬間ですが、直接関わって調理した人間がそのお弁当をいつもより沢山家に持って帰る様子を見て感じました。

中国では、冷凍野菜工場で働く人間は農薬漬けの綺麗な野菜は食べないと聞きます。それとまったく一緒で自社で作った弁当を美味しそうに食べる様子を見て私は判断しています。

当たり前ですが、自分が美味いと思わないものは提供しません、そこには一切の妥協はしないと決めています。実は家でもそれが習慣で嫁さんと険悪なムードに・・・(笑)
newmenu-002.jpg



2009年09月28日

牛丼弁当

9月18日に初の牛丼弁当を作りました。

この日はお客様の特別感謝デーと位置づけて、日頃使えない食材をふんだんに使用し
提供させて頂いた弁当です。

何回もスタッフで試食を繰り返し完成した商品です。
早朝、私も調理場に入り何度も何度も味見していましたが
舌が馬鹿になってしまい、最後には味がわからなくなってしまいました。すみません・・・

調理はある程度の工程は組めますが、最後は作る人の愛情で隠し味が決まります。

沢山のアンケートの回答をお客様から頂き、ありがとうございました。
更に、楽しい食事の時間が過ごせるように努力していきます。
IMG_3567.JPG



2009年09月16日

市議会議員補欠選挙

この9月13日は岡山の市長選と合わせて市議会議員の補欠選挙でした。衆議院選や市長選、市議の補欠選挙ととっても街が熱くなっていました。

夜の飲み屋街ではなぜか静かで、知り合いのオーナーも嘆いていました。今回の衆議院選挙は民主の圧倒的な有権者の支持で政権をとりました。

ある小選挙区の新人議員さんの言葉で
「変わることの不安より、変わらないことの恐れ」がこの結果に結びついたと・・・するどい意見だと思います。

民主の皆さん、途中止めはなしですよ。がんばって次世代の子供がうきうき・ワクワクするような国を作ってください。

私は、少しでもお客さまが満足されるように従業員と共に学び続けます。

私の尊敬する森脇ひろしさんが見事、当選されました。(パチパチパチ)

2009%209gatu%20033.JPG



2009年09月03日

初のパーティー料理

わが社で初のパーティ料理を提供させて頂きました。

予算は決まっていたのですが、不安になり巻き寿司を10本追加で用意しても早い段階で料理が無くなってしまい、冷汗もんでした。しかし、お客様からの料理の評価は最高でした。

パーティーというと着飾った料理が多い中、私たちはパーティーに関しては素人でそれが功を奏して食べれるものを中心に設定したのがお客様の評価につながったのだと思います。

食は高かろうが、安かろうが美味いものではないと絶対に駄目だと私は思います。

party1.jpg



2009年08月24日

富士登山

ある、パチンコ屋さんのオーナーが私に日本で一番高い山は
と質問され、

即富士山です。

と答えたところ、

じゃあ2番目に高い山は?と聞かれ思わず阿蘇山と・・・。

会社も2番では駄目だと目指すのは1番なのだと。


そして富士山へチャレンジ。
そして、社員二人と木下サーカスの後継者と4人で挑みました。



◆富士レポート

@そこにいかないとわからないこと・・・富士山、日本一高い山、実際に頂上まで登って見ないとわからない感覚、帰りの富士山がいままで以上に大きく見えたこと。

A準備の大切さ・・・段取り8分ということを改めて実感しました。あとは、常に油断をしてはならないということ、それが命取りになる可能性があるということ。

B人生山あり谷あり・・・苦しかった嵐の中での登山を迎えてくれた御来光、人間の生きる意義にも通じるのかと感じました。


以上ですが、今度はもっと高い山に登りたいという意欲も出てきました。

またよろしくお願いいたします。


秋山さんが富士山に登ることを誘ってくれなかったら
一生登っていなかったかもしれません。


本当に貴重なすばらしい経験をさせて頂いたことに、
心から感謝いたします。


今後ともご指導の程、よろしくお願いいたしま す。

木下龍太郎



◆富士山登り 
H21年8月2日AM2:00岡山発    8月3日PM19:00岡山着

この度の富士山登りを通して勉強になったことは、何事も準備が必用だということと
やりぬくことの大切さである。


「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉の通り、
これから行う事柄に対して下調べを行うなどの基本を怠れば、
物事はうまくいかないということである。


まさに自分は、富士山という日本一のモンスターの姿を知ることなく
勝負してしまったのであった。


「パパは途中で止めた」とは言えないので、
何とか最後まで行こうと最初から決めていた。


頂上まで行ったときは想像していた感動は無く、
一先ずやるだけやったという感じであった。


征服しても降りなければならない、喜び半分と言ったところ。


ひょっとすれば仕事も人生もそんなものかもしれない。


目の前に壁(山)があるから登っていく。


何故こんな苦しい事をしなければならないのか。


答えはそこに壁(山)があるから。


達成した満足感を得るより、きっと途中であきらめた後に襲ってくる
後悔のほうがきっと大きいのではなかろうか。


なにごともやりきる生き方をしていこうと思う。  

石岡哲也

shainshokudou0_2.jpg



2009年07月25日

今日は第9期経営方針発表でした。

やり始めて4回目になります。年々内容が濃いものになってきてます。

わが社のスタッフの成長と会社の成長が連動しているように感じます。

188人のスタッフに働いてもらっていますが、
188通りの違った人生があり、それぞれが主人公です。

人生の台本づくりに少しでも仕事を通して活かして欲しいです。



2009年07月24日

初めまして!!

初めまして、セントラルフーズの代表をしています、秋山と申します。

これから、私が気づいたことや心で感じたことなど
このブログを通してお伝えしたいと思います。



 

Copyright c 2009 株式会社セントラルフーズ All Rights Reserved Powered by geniusweb